プラステンアップの副作用は危険?アレルギーや安全性は大丈夫?

 

プラステンアップ口コミ

 

プラステンアップは子供が口コミから飲む商品なので、副作用が心配な方もいらっしゃるでしょう。

 

 

私も息子に変なものを飲ませるのが嫌だったので気持ちはよく分かります。


 

結論から言うとプラステンアップは医薬品ではなく食品なので副作用の危険性は一切ありません

 

この記事を読めば、プラステンアップの安全性を確認することが可能です。

 

 

プラステンアップの副作用を原材料や栄養成分表を解析して確認

 

プラステンアップの原材料で副作用をチェック

 

星1個プラステンアップ副作用=非常に安全 
星5個プラステンアップ副作用=危険

 

原材料 内容 副作用危険度
砂糖 サトウキビ (甘蔗) やサトウダイコン (てん菜) のしぼり汁を精製し,結晶化してつくられる天然の甘味料。 プラステンアップ副作用
ミルクカルシウム(乳成分を含む) 牛乳の加工過程で得られる乳清(ホエイ)を原料として得られる風味の優れた白色の天然カルシウム。カルシウム素材のなかで消化吸収性にすぐれていると言われています。 プラステンアップ副作用
レモン果汁粉末(レモン濃縮果汁、デキストリン、澱粉) レモンの香りを引き出したパウダー プラステンアップ副作用
粉末還元水飴 還元水飴は糖質系甘味料の糖アルコールの一種です。水飴に水素を添加し製造した低カロリーの甘味料で、砂糖の代替甘味料として利用されています。 プラステンアップ副作用
コラーゲンペプチド(ゼラチンを含む) コラーゲンペプチドは、健康な骨の形成をサポートし、骨密度の改善や関節の痛みや老化予防をサポートします。 プラステンアップ副作用
ギャバ GABAはわたしたちの体内で神経伝達物質として働き、ストレスを和らげて脳の興奮を鎮める効果があるとされている成分です。 プラステンアップ副作用
スピルリナ原末 スピルリナは約30億年前に誕生し、高温・強アルカリという環境下で育つ生命力の強い“藻”。ビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維など50種以上の栄養・健康成分を含み、巷ではスーパーフードと呼ばれています。 プラステンアップ副作用
乳酸菌粉末 乳酸菌とは、炭水化物などの糖を消費して乳酸をつくる細菌の総称。腸内にすむ細菌のバランスを整えることにより、健康に役立ちます。 プラステンアップ副作用
ビフィズス菌末 人にすむ種類の菌で生き残りやすいのが特徴で、整腸作用や感染症予防、骨補強作用などの働きをしてくれます。 プラステンアップ副作用
オルニチン 肝臓の働きを助ける効果や、身体の疲労を回復する効果で知られています。 プラステンアップ副作用
シトルリン アミノ酸の一種であるシトルリンは、血管をしなやかにして血流を促す効果が知られています。 プラステンアップ副作用
α-GPC加工品(大豆を含む)/酸味料 α-GPCは母乳など、生体内に普遍的に存在する物質であり、安全な成分です。また、食品としての安全性も確認されています。成長ホルモンの分泌を促進させる効果があります。 プラステンアップ副作用
炭酸Ca 炭酸カルシウムは吸収にあたって胃酸に依存するため、食事と一緒に摂取すると最も効率的に吸収される特徴をもっています。 プラステンアップ副作用
ビタミンC ビタミンCはアスコルビン酸ともいわれ、骨や腱などの結合タンパク質であるコラーゲンの生成に必須の化合物です。ビタミンCが不足すると、コラーゲンが合成されないために、血管がもろくなり出血を起こします。 プラステンアップ副作用
甘味料(ステビア、甘草) 食品に甘みをつけるために使われる調味料。 プラステンアップ副作用
ビタミンE ビタミンEは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつ。体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きがあります。 プラステンアップ副作用
ナイアシン ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称で、ビタミンB3ともいう。栄養素のひとつ。 プラステンアップ副作用
香料 食品の製造や食品を加工する過程で付いたにおいを隠す、または香りを強めたりするといった目的で使用されます。 プラステンアップ副作用
パントテン酸Ca ビタミンの一種であるパントテン酸として働き、肝臓の補酵素(CoA)の構成成分として、糖代謝、脂質代謝、たん白代謝などの生体内代謝に重要な役割を発揮します。 プラステンアップ副作用
ビタミンB2 ビタミンB2は、主に皮ふや粘膜の健康維持を助ける働きをするビタミンで、糖質、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーにするなどの代謝を支える重要な働きをしています。 プラステンアップ副作用
ビタミンB6 ビタミンB6は、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつ。ビタミンB6は、食品中のたんぱく質からエネルギー産生したり、筋肉や血液などがつくられたりする時に働いています。このため、たんぱく質を多くとる人ほどたくさん必要になります。 プラステンアップ副作用
ビタミンA ビタミンAは、発育を促進したり、肌の健康を維持したり、暗いところでも目が慣れて見えるようになる機能(視覚の暗順応)に関わったり、さらにのどや鼻などの粘膜に働いて細菌から体を守ったりなど、たくさんの重要な役割を持っています。 プラステンアップ副作用
酸化Mg 代謝や歯の形成に必要な栄養素です。 神経伝達を正常に保ち、興奮を抑えてストレスの緩和や安定した精神状態にする働きもあります。 プラステンアップ副作用
メチオニン 必須アミノ酸の1つで、含硫アミノ酸であるメチオニンには解毒作用や抗腫瘍作用があります。体内に入るとアレルギー反応に関わるヒスタミンの血中濃度を下げる働きがあり、かゆみや痛みなどのアレルギー症状を軽減します。 プラステンアップ副作用
トレオニン トレオニンの働きは成長促進作用や、肝臓に脂肪を蓄積する役割があります。トレオニンが不足すると、食欲不振の原因になったり、貧血を起こしやすくなってしまいます。 プラステンアップ副作用
グルタミン グルタミンには成長ホルモンを分泌する効果があります。成長ホルモンとは筋肉や骨の成長を促すホルモンで、これにより筋肉の効率的な肥大が期待できます プラステンアップ副作用
シスチン L-シスチンに含まれるイオウは、皮膚、髪、爪をつくる非常に丈夫なたんぱく質の成分となります。皮膚を強くし、髪にコシを与えてくれるほか、爪を強くすることなどに効果があります。 プラステンアップ副作用
チロシン チロシンは、人間の成長や代謝を促進する甲状腺ホルモンの材料となります。甲状腺ホルモンは、細胞の生まれ変わりを促進するので、子どもの成長には欠かせないホルモンです。 プラステンアップ副作用
L-アルギニン アルギニンはアミノ酸の一つです。体内でも合成されるため、非必須アミノ酸に分類されます。成長ホルモンの合成を促進=脂肪の代謝を促して筋肉組織を強化したり、身長の伸びにつながります。 プラステンアップ副作用
グリシン グルタミンには、筋肉の分解抑制、消化管機能のサポート、免疫力向上、傷の修復などに効果があると言われています。 プラステンアップ副作用
アラニン 最もエネルギー源として利用されやすいアミノ酸の一つです。アルコール代謝を改善する作用が報告されています。 プラステンアップ副作用
アスパラギン酸Na アスパラギン酸はカリウムやマグネシウム、カルシウムといったミネラルを体中に運びます。また、たんぱく質を作ったり、アンモニアを排出したり、スタミナを増したりするはたらきももっています。 プラステンアップ副作用
ヒスチジン ヒスチジンは、日常生活で疲労を感じる方の疲労感の軽減、頭の冴えや注意力の向上といった自覚の改善に役立つことが研究で報告されています。また、認知機能を評価するテストでは、単純な記憶や判断を必要とする作業の効率向上にも役立つことがわかっています。 プラステンアップ副作用
ブロリン プロリンには、コラーゲンの合成を高める働きがあるため、軟骨そのものの新陳代謝を活発にし、関節痛をやわらげる効果があるといわれています。 プラステンアップ副作用
セリン セリンは、非必須アミノ酸の一つで、リン脂質やグリセリン酸の元となるアミノ酸です。セリンの主な働きは肌の保湿効果や記憶力の向上をさせる役割があります。 プラステンアップ副作用
ロイシン 筋肉に多く含まれるBCAA(分岐鎖アミノ酸)の一つで、近年のアミノ酸研究において、体内で筋たんぱく質合成を誘導することが報告されております。 プラステンアップ副作用
イソロイシン イソロイシンの働きは、筋肉の消耗を防ぎ、皮膚の回復を促す役割があると分かっています。そのため、イソロイシンが不足するとスタミナの維持が出来ず疲れを感じたり、皮膚炎を引き起こしてしまいます。 プラステンアップ副作用
バリン バリンは1856年に発見され、今日ではバリンの働きが筋肉を強くするアミノ酸だと分かっています。そのため、バリンが不足すると筋肉組織を破壊してしまいます。 プラステンアップ副作用
葉酸 ビタミンB12とともに赤血球の生産を助けるビタミンです。また、代謝に関与しており、DNAやRNAなどの核酸やたんぱく質の生合成を促進し、細胞の生産や再生を助けることから、体の発育にも重要なビタミンです。 プラステンアップ副作用
ビタミンD ビタミンDには、小腸や腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進する働きと、それによって血液中のカルシウム濃度を保ち、丈夫な骨をつくる働きがあります。 プラステンアップ副作用
ビタミンB12 ビタミンB12は、葉酸と協力して赤血球中のヘモグロビン生成を助けています。また、脳からの指令を伝える神経を正常に保つ役割もあります。 プラステンアップ副作用
ビタミンD ビタミンDには、小腸や腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進する働きと、それによって血液中のカルシウム濃度を保ち、丈夫な骨をつくる働きがあります。 プラステンアップ副作用
ビタミンB12 ビタミンB12は、葉酸と協力して赤血球中のヘモグロビン生成を助けています。また、脳からの指令を伝える神経を正常に保つ役割もあります。 プラステンアップ副作用

 

プラステンアップの原材料を一つ一つ確認したところ副作用の危険性がある成分は一切含まれていませんでした。

 

その代わり、中高生の成長に欠かせないビタミンやミネラル、アミノ酸がたっぷり入っていました。

 

また、プラステンアップは製造工程にかなりこだわりをもっており、厳しい基準をクリアした原材料のみを使用しています。

 

 

これなら安心して子供に飲ませられますね。


 

プラステンアップの栄養成分|飲み過ぎると太る?

 

栄養成分表示(1日8gあたり)
  • エネルギー23.44kcal
  • たんぱく質 0.11g
  • 脂質 0.02g
  • 炭水化物 6.5g
  • ナトリウム 8.32mg
  • カルシウム 465mg

 

プラステンアップは女子も飲むのでカロリーが気になる人もいるでしょう。

 

ですが、一杯のカロリーはわずか23.44kcal、牛乳に混ぜても約86kcal。

 

 

バナナ1本程度のカロリーなのでダイエット中でも安心ですね。


 

プラステンアップを飲むとアレルギーが起こるってマジ?

 

先ほどご紹介したようにプラステンアップに副作用を起こす成分は入っていません。

 

ただ、食品アレルギーをお持ちのお子さんは注意が必要です。

 

牛乳アレルギー

 

牛乳に含まれるたんぱく質の一種であるガゼインが主な原因です。

 

プラステンアップには乳成分が入っているので、牛乳アレルギーを持つお子さんは要注意ですね。

 

牛乳アレルギーの主な症状は下痢や嘔吐です。

 

ゼラチンアレルギー

 

世界の100万人に約30人しかいない珍しいアレルギーです。

 

対策としてゼラチンが入っている食品を摂らないことです。

 

ただ、牛乳アレルギーに比べるとかなり稀有なアレルギーなので該当しない方がほとんどでしょう。

 

大豆アレルギー

 

大豆アレルギーは3歳までに約80%が治ると言われており、プラステンアップを飲む世代だとそれほど多くないと言えます。

 

 

もし、お子さんが該当のアレルギーをお持ちならプラステンアップを買わない選択肢もあるでしょう。


 

プラステンアップを過剰摂取すると下痢になる?

 

結論から言うとプラステンアップは食品なので過剰摂取しても問題ありません。

 

ただ、一度にたくさん飲んでも効果が倍増するわけではないので適量にとどめておいたほうがいいでしょう。

 

それに、カルシウムはたくさん摂りすぎると便秘になる可能性があり、アルギニンも摂りすぎると下痢やムカつきの原因になります。

 

なので、主食や副食をしっかりと摂ってプラステンアップは補助程度にしておいたほうが無難です。

 

プラステンアップ|副作用に関するQ&A

 

陸上競技をやっていますが、プラステンアップを飲んでドーピング検査にひっかることはありませんか?

プラステンアップは生産時に指定ドーピング禁止物質の検査を受け、「検出されず」という判定が出ています。
ですので、ドーピング検査にひっかることはありません。

 

プラステンアップは生理中に飲んでも問題ありませんか?

食品なので問題ありません。

 

プラステンアップ 口コミ